− 業ができた瞬間 −

 独立を決意してから、考え、考え、考え続けて、3ヶ月が過ぎたある日の帰宅途中。

 最寄り駅の自転車置き場へ入ろうとした瞬間、これまで考え続けていた要素の納まるところに納まり、カチッと頭の中で組み立った感。

 今もその鮮烈さがよみがえります。真剣に考え続けると必ず天の恵みがあるものです。

− 続ける気が出た、本−

 事務所開設当初、業への理解者に出会えず、自分を疑い始めた時に図書館で出会った本が、『ニューウェーブ・マネジメント―思索する経営』(金井壽広 創元社 1993年

 何がどうというより、とにかく、 
著者は自分と同じようなことを考えていると感じ、おかげで、業を続ける意欲をとり戻したのでした。

− 自分を知った、本 −

 孤軍奮闘は続き、自分を後押ししてくれる人はいないかと向かった書店で、長時間探し求めて、買った『免疫ネットワークの時代−複雑系で読む時代―』(西山賢一 NHKブックス 1995年)。

 自分のクリエイティビティーに少し自信をもった一冊でした。

− 心から学びつとめた本 −

 仕事の「晩年のスタイル」を模索する中で出会った、知の文化遺産、東洋の自然観を元にした『原典算命学大系』(全11巻 高尾義政)、『東洋史観1 悠久の軍略』(同)、『東洋史観2 東洋の予知学』(同)。

 これほど勉強したのは初めてと思うほど、本当によく独学・自習しました。到底学びきれるものではないので、今後も自習を続けます。












◆仕事のためになりそうだと、
 手にした本(初期)

 『創造性を拓く』(ピーター・エヴァンズ、ジョフ・ディーハン 1991年)

 『グループ戦略思考学<チームによる創造的問題解決法』(ハーベイ・J・ブライトマン 1992年)

 『マキシマム リーダーシップ』(チャールズ・P・ファーカフ、フィルトップ・バッカー 1996年)

 『ハバードビジネススクールは何をどう教えているか』(経済界1986年)
 
 『シナリオプランニングの技法』(ピーター・シュワルツ 2000年 

 『Helping Interview 援助する面接(カウンセリング)』(アルフレッド・ベンジャミン 1990年)
 
 『知の技法』(小林康夫 船曳建夫 1994年)

 『ビジネスドキュメントの説得技法』(小林敦 1990年)

 『図解でできる企画とプレゼンの方法』(知的生産の技術研究会 1991年)
 
 『プレゼンテーション技法+演習』(小林敬誌、浅野千秋 1996年)、その他

◆代弁してくれているような、本

 『謙虚なコンサルティング−クライアントにとって本当の支援とは何か』(エドガー・H・シャイン 2017年)

 新聞の広告をみて,、LYK流「パーソナル・アシスタント」の実践を代弁している?と感じ、ざっと読み、そうだったと思ったのでした。

Study−仕事の役目


2019年4月10日(水)更新

 日本では新しい時代の始り、世界では混迷する英国のEU離脱問題、そして、ブラックホールの撮影に成功したというニュースもとびこんできました。

 人工知能をベースした社会構造も刻々とつくられていきます。 これから世にでて活躍しようとする人たちのおかれる環境を想像すると、なかなか壮絶です。かれらの行く先を支えます。

10ヶ条


 2003年1月旧サイトに掲載した「LYK流パーソナル・アシスタントについての基本的な考え〜10ヶ条〜」をあらためてご紹介







1)この名称は、仕事の種類ではなく、仕事のやり方を指す

2)よって、一つ以上の専門分野を有する

3)クライアントのビジョンを実現するための、助言者、苦言者、激励者、媒体者、協働者であること

4)クライアントのよき聴き手であること

5)クライアントのシーズとニーズに柔軟に対応するため、自身を媒体に多様な外部資源の調達と運用を助けること

6)時としてクライアントの代理人として、取引関係者と面談、商談、交渉をおこなう

7)必要におうじて、クライアントの組織の一員として対外交渉にあたる

8)必要におうじて、クライアント組織の人々の業務に協力する

9)クライアントの取り組むテーマを適切に処理できる状況を創る

10)この役割を最大限に発揮するために、価値観と感性を共有できるクライアントに就く






*リーズレター臨時版2019年清明にもふれております。合わせてご参照ください。