2020年2月13日(水)更新

『図書館のある森を散歩しているような気持になります』 

 事務所を開設した1995年以来、リーズレターを続けています。2020年最初の立春レターで通算100号になりました。

 当初は郵送で、ネットが普及してからは当所Webサイトにレターを掲載し、メールでご案内するカタチになりました。

 リーズレターは当所から対外的にアプローチする唯一です。 仕事で知り合った方、友人、知人も含めて、ご縁を感じる方々に、いまは立春、夏至、立冬の3回、お届けてしています。

 よく会っている方、たまに会う方、今ではほとんど会うこともなくなった方々へ、レターを通して、数か月間の小さな変化、直近で感じていること、考えていることなどをまとめ、お便りするのです。

 今回の立春レターをご案内して、返信をくださったお一人から、すてきな感想をいただきました。

 『リーズレターの文章を読んでいる時、何故か、図書館のある森を散歩しているような気持になります。なんなんでしょうね』。

 それはそれは、レターのタイトル『哲樂の中庭』を地でうけとっていただいた感。うれしい限りですが、それ以上に、その方の感性と表現に感じ入りました。

 よりよく働き、働きかけられるよう、日々の流れの小さな変化に気づき、見逃さず、自問自答を重ねていきます。

自問自答を続ける − リーズレター『哲樂の中庭』 −



2021年

立春2月3日
 『春が立つ、陽気をまよい、「運がいい!」』、他







2020年

立春2月4日
 『未来から現在をみる境地』、他
小満5月20日   『2045年を決定づける「AC」3年』、他
立秋8月7日  『“上がダメでも市民で勝つ”』、他 
立冬11月7日  『今あらためて「略系表」のすすめ』他

2019年

立春2月4日
 『「寛容」に親しみ、「面倒」をきらわず』、他
清明(臨時4月5日  『メアリー・ポピンズにたとえられて』、他
夏至6月22日  『「見える化」を超える境地』、他
立冬11月8日  『フェアプレーを日常の中に』、他

2018年

立春2月4日
 『いざ、新一年はじめる!立春』、他
夏至6月21日   『自分で試してみたまえ!』、他
立冬11月7日  『われわれはどこへ行くのか』、他

2017年

立春2月4日  『2017年、いま響く「いい人になりましょう」』、他
夏至6月21日  『自業40年+α、究める本業』、他
立冬11月7日   『コンサルティング」に光らす目』、他

2016年

立春2月4日  おんなたちの春爛漫、後半生に来たる』、他
夏至6月21日  『フェアで、ファンクショナルで、・・・』、他
立冬11月7日   『2017年からの10年、3年』、他

2015年

立春2月4日  『軽快に、快活に、果敢に!』、他
夏至6月22日  『五十年2クールでみる未来』、他
立冬11月8日   『混沌をくぐり、老いを押し、孤軍奮闘…』、他

2014年

立春2月4日  『立つ春に起つ年の計』、他
夏至6月21日  『仕組みでしか働けないわけじゃない』、他
立冬11月7日   『青年の憂い、熟年の開眼、老年の哀歓』、他

2013年

小暑7月7日  『高度商品化社会』をこえ』、他
小雪11月22日  『考える手がかり』、他