2023年11月8日(水)更新

 − 「コロナ」は終息したのに −

 ここの更新は昨年の3月以来です。「コロナ」はいったん終息し、海外からの観光客も急増していますが、国際情勢がまた混沌としてきました。

 ロシアのウクライナ侵攻に加えて、この10月にハマスとイスラエルの戦いがまた始まってしまった。一方で今年はAI実用元年となり、一般に急速に広がっています。アメリカではAIの先、「AGI」へのシフトが進みつつあるとか。

 そんなことも2023年立冬レターに書きましたが、リーズレター『哲樂の中庭』は、時流と自流を読む一つの方策になっています。

 事務所開設時の動機は、仕事柄、人と成りを伝える必要があると考えて始めたことですが、『エセー』のモンテーニュがいうように、「自分を教える」ものであり、自問自答の探究になっています。

 10月から『モンテーニュ』(荒木昭太郎)を音声で再読しています。今日読んだところの『エセー』の引用は次のようなものでした。

 われわれは真実を追い求めるように生まれついているのであり、それを手に入れることは、ある、より大きい力に属しているのだから。

 それは、デモクリトスがいうように、深い淵の底に隠れているのではなく、むしろ、神の知識のなか、無限に高いところに置かれている。

 この世界は探究の学校でしかない。肝心なのは、だれが的に当てるかではなく、だれがもっとも見事な走りをするか、なのだ。

自問自答を続ける − リーズレター『哲樂の中庭』 −



2024

2月4日立春
 『“Perfect Days”とレイトワーク”と』、他





2023

2月4日立春
 『新春、立春、刷新、“刷心”』、他
6月21日夏至  『しっかり休みましょう、仕事のためにも』、他
11月8日立冬  「もっとクリエイティブなことができる」?、他

2022年

2月4日立春
 『見えない道の先に待つ、おのおのの春』、他
6月21日夏至  『忙中閑あり、忙中俯瞰あれ』、他
11月7日立冬  『日本が守っているワケ』、他

2021年

立春2月3日
 『春が立つ、陽気をまとい、「運がいい!」』、他
夏至6月21日  『自力を出すために他力を頼る』、他
立冬11月7日  『むかしも今も、分野をこえて、「観察」のすすめ』

2020年

立春2月4日
 『未来から現在をみる境地』、他
小満5月20日   『2045年を決定づける「AC」3年』、他
立秋8月7日  『“上がダメでも市民で勝つ”』、他 
立冬11月7日  『今あらためて「略系表」のすすめ』他

2019年

立春2月4日
 『「寛容」に親しみ、「面倒」をきらわず』、他
清明(臨時)4月5日  『メアリー・ポピンズにたとえられて』、他
夏至6月22日  『「見える化」を超える境地』、他
立冬11月8日  『フェアプレーを日常の中に』、他

2018年

立春2月4日
 『いざ、新一年はじめる!立春』、他
夏至6月21日   『自分で試してみたまえ!』、他
立冬11月7日  『われわれはどこへ行くのか』、他

2017年

立春2月4日  『2017年、いま響く「いい人になりましょう」』、他
夏至6月21日  『自業40年+α、究める本業』、他
立冬11月7日   『コンサルティング」に光らす目』、他

2016年

立春2月4日  おんなたちの春爛漫、後半生に来たる』、他
夏至6月21日  『フェアで、ファンクショナルで、・・・』、他
立冬11月7日   『2017年からの10年、3年』、他

2015年

立春2月4日  『軽快に、快活に、果敢に!』、他
夏至6月22日  『五十年2クールでみる未来』、他
立冬11月8日   『混沌をくぐり、老いを押し、孤軍奮闘…』、他

2014年

立春2月4日  『立つ春に起つ年の計』、他
夏至6月21日  『仕組みでしか働けないわけじゃない』、他
立冬11月7日   『青年の憂い、熟年の開眼、老年の哀歓』、他

2013年

小暑7月7日  『高度商品化社会』をこえ』、他
小雪11月22日  『考える手がかり』、他