仕事歴:2019年4月〜 


<前の年度へ  次の年度へ>

     

 2019年9月24日(火)更新

 ラグビーのワールドカップが22日に開幕、台風17号の影響でまた蒸し暑さが戻った昨日。曇り空の今日は少し秋らしい風。『暑さ寒さも彼岸まで』、本当にそのとおり。遠ざかっていた散歩も、そろそろ復活させて、『野に出よう』を心がけよう、秋分。

寸録(セミナーや特徴的な出来事を中心に)     


◆ 2019年8月17日〜9月21日クレオ大阪東館プロ講師になろう塾challenge!2019

 2007年の第1期から数えて、第9期にあたる今年の本塾。各期それぞれに受講者に特徴があるもので、今年はまたなんとも、最初の段階では、どうしたものかと頭を抱えましたが、最後の最後、ふり返りセッションまでちゃんと残ったみなさんの顔ぶれをみて、『終わり良ければすべて良し』、学びの姿勢と社会的知性をみました。今後の着実な歩み、活動の広がりを予想するのでした。

◆ 2019年6月1日〜7月27日松原商工会議所第5回創業塾

 どのセミナーでも受講者のみなさんに「自問自答」を課しています。そのアウトプット用にいくつか独自のフォーマットを用意していますが、一番要になるのが最初に出してもらう800字文章「わたしの未完自業史」。いつも人それぞれな多様な人生を読みながら想うのですが、今回特に感じたのは、この800字の文章にその人の、なんというか、生きる姿勢というか、精神性や感性といったものが表れるということ。受講中の外観からではわからない、でも、最終的な言動にはしっかり投影されるという、考えて当たり前なのだけど、一個人の独立性、一貫性、一環性を、あらためて気づかされた塾でした。

◆ 2019年6月5日から26日八尾市「すみれ」起業スタートアップ講座 

 起業講座としては今年で3年目、広報手段はこれまでと同じなのに、受講希望者が増加。2年前から他の起業セミナーでも、これまで以上に〈オープンコンサル〉に時間を使うようにして、可能な限り、受講者のパーソナル・アシスタントに努めていますが、今回最終まで残った受講者15人にもある程度その役割は果たせたようです。みなさんの発表と今回の感想を伺いながらそう感じました。LYK流メアリーポピンズぶりを発揮できたのではないかと思います。

◆ 2019年4月5日リーズレター臨時版 

           1日午前に新元号「令和」が発表され、新しい時代がまもなく始まります。思えば平成の始りが今にいたる自業史の出発点でした。そんなこともあって、あらためてこれまでとこれまでを見なおす「リーズレター臨時版」をまとめました。年初に「メアリー・ポピンズ」にたとえられたのも、その気になった大きな要因です。