LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

*音声によるご案内2021/8/10

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める



 仕事や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

 「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。



今日のessais
 2021年3月から現在進行中
自業のすすめ2020
 2020年7月から11月初
ひと言ひとり言Vol.2
 2020年9月から12月初
ひと言ひとり言Vol.1
 2020年4月から8月末

 音声「自業のすすめ」

音声「ひと言ひとり言」 


LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月

&音声版20202020年11月


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】 男女共同参画情報誌「CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事



寄稿
2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来

2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール




(2021年2月3日立春より)
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅歩2分、御堂筋線淀屋橋駅歩8分

(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2021年 (当面、朝型にシフトし在所は8:00-16:00)

am
pm
10/18
堺東
(在)
10/19
(在)
(在)
10/20
(在)
夕陽ヶ丘
10/21
東住吉
(在)
10/22
(在)
(在)


2021年

10/15 「読書をするに『心のしくみとはたらき図鑑』を追記して更新しました

10/5 仕事の履歴寸録を更新しました

10/5 「女性チャレンジ応援拠点」、予約なしにふらっと寄って〈話せる〉、相談できる場!

10/5 専門の異なる女性コラボグループ「プリズム」による『リズムカレッジ』、11月3日(水・祝)開催



「日常を観察する

essais 〈書く〉2021年10月
essais 〈書く〉2021年9月
essais 〈書く〉2021年8月
essais 〈書く〉2021年7月
essais 〈書く〉2021年6月
essais 〈書く〉2021年5月
essais 〈書く〉2021年4月
essais 〈書く〉2021年3月
essais こころみ2021年2月
essais こころみ2021年1月
essais特別2020年冬至
 バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)

2021年6月21日夏至のトップ記事は『自力を出すためにも…』

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられて

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える哲樂散歩

9/24 松林多鶴展
9/9
茶吉庵
7/22 鶴身印刷所
7/12
あやしい絵展
7/1
北山の植物園
3/27
2021年桜
1/1
2021年初日ノ出

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージ音声付

- あなたに舞いおりて -

 「コロナ」2年目、世界的歴史的事態の真っ只中にいるこの現実が、若い頃に読んだ歴史物語の登場人物にわたし自身がなっている、そんな感覚をおぼえます。

 個人ではどうにもできないこと、己だからできること。『わたしはどこから来たのか わたしは何者か わたしはどこへ行くのか』。そう問いなおすあなたに舞いおりて、あなた自身で答を出すおてつだいをする。

 2年前に評していただいた「例えれば、メアリー・ポピンズ」を支えに、なおいっそうLYK流「パーソナル・アシスタント」につとめてまいります。
 
2021年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2021年10月16日(土) 『愛の不時着』アナザーストーリー

2021年10月14日(木) 先輩リピーターと新人リピーター

2021年10月13日(水) 簡単には変らないからこそ

2021年10月12日(火) 思考の型と仕事のスタイル

2021年10月11日(月) 何気ない会話、対話


2021年10月14日(木) 晴


 ようやくひんやりしてきた。服装も秋物にかえた。来月上旬ぐらいまでは大いに動いて、収穫の秋にしたいもの。

− 子供ながら −

 先日テレビとつけたら、女性タレントの一人が子供の頃の話をしていました。普段ならすぐにチャンネルを変えるところですが、話の内容に興味をもちました。

 いわく、小学低学年の時、転居先の学校へ初登校する前に、クラスでの自分の立ち位置を、いろいろ考えたらしい。いじめられず、目立たず、でも、それなりに尊重される、そうなるにはどうしたらいいか。

 同じような話を数カ月前に仕事で知り合った方から聞いていました。小さな子供がそんなことを考えるのかとビックリしたのですが、これはそう珍しいことではないのかもしれないと思い始めています。

 いま読んでいる『フォン・ノイマンの哲学-人間のフリをした悪魔』の著者によると、ノイマンがそうだったそう。事前に周到に考え、天才ぶりをあまり表に出さないようにもしていたとか。

 何かしら非凡なものをもった人は、おのずとそうなるのかもしれません、社会生活をうまくしていくために。それはある意味、自他ともにそれなりに観察できているということでもあります、子供ながら。

 観察は「ひじょうに教育材料になる」と言われますが、次には、その
教育」の仕方の問題が出てくる。如才なく振る舞うと自分に教えるか、別なことか…。

 このまま考えると深みにはまりそうです。

前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

LEE'Sの歩み 仕事の履歴 読書歴 プロジェクト

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

essaies こころみ リーズレター 哲樂散歩

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ


自業のすすめ 哲樂の中庭