LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める


 仕事や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

 「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。



中井久夫集3
 2024/2/19から継続中
モンテーニュ
 2023/10/12-2024/2/13
今日のessais
 2021年3月−継続中
今日のessaisに「孫子
 2023/1/10−4/18
老子」訳注再読
 2023/8/21から第4クール
今日のessaisに「老子
 2022/8/8−12/28
自業のすすめ2020
 2020年7月−11月初
*その他音声の全リストへ



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月)&音声版2020


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】 男女共同参画情報誌「CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事



寄稿
2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来

2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール



〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜歩2分、御堂筋線淀屋橋歩8分


(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2024年 (朝型継続、在所は8:00-16:00)
am
pm
2/26
(在)
(在)
2/27
(在)
天満橋
2/28
(在)
夕陽ケ丘
2/29
(在)
(在)
3/1
高槻
(在)

◆LEE'S自業塾シリーズ
俯瞰・ふかん塾リリース
俯瞰塾パーソナル(予約)



2024年

2/26 『仕事の履歴』の今年度の寸録を更新しました

2/16 始めてまもないあなたへのエール、高槻市立男女共同参画センターで講座『あなたらしい起業の続くワケ』、3月1日(金)午前開催!

2/15 女性チャレンジ応援拠点の拠点ゼミvol.3の開催は3月9日(土)10時から!

2/15 「読書をする」、「考える時間をつくる」を更新しました

2/13 女性チャレンジ応援拠点「拠点だより2月号

2/3 リーズレター『哲樂の中庭』2024年立春をアップしました



「日常を観察する

essais 〈書く〉20242月
essais 〈書く〉2024年1月
  バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)

  ・2024年2月4日立春

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられ」て

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える2024年)

2/19 中井久夫集3



 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージについての語り(音声)

- 自分の軸をすえて -

 自分の守りたいものの究極、それが〈自分の軸〉にあたると考えています。無理なくできて、無理もできる役割、それが〈自分ならでは業〉だと考えています、組織の中にいても、外にいても。

 今年はAI実用元年にあたりそうです。社会生活の劇的変化の入り口にさしかかりました。気をぬいていると、翻弄されかねません。


 自分の軸をすえ、強い風が吹いて、四方八方に向きを変わっても、けっしてブレず、自分ならではの業を果たしながら、前へ進む。

 これからもそうしていきますし、そうしていこうとするあなたに、いつでも良い働きかけができるよう、2023年度も努めてまいります。
 
2023年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2024年2月28日(水) 他者にさずかる存在意義
2024年2月27日(火) ほんの点のようでも
2024年2月26日(月) 分野、世界はちがっても


2024年2月26日(月) 曇り


 昨日は一日雨だった。今朝はやくは西にしずむ月もみえた。しだい朝日もさしてきた。そのままよく晴れるのかと思ったら、また雲が多くなってきた。晴れ間は時々のよう。

― 安堵 ―


 二月は逃げる、今年は一日多いが、金曜はもう3月、年度末。一年のまとめと新しい年度の準備と、学生にとっては国公立大学入試の一般選抜も始まり、個人も世のなかも、何かと慌ただしくなる。

 慌ただしく、気ぜわしくなっても、そこに埋没せず、引いてみて、気持ちを落ち着かせるよう努められるようになったのは、よかった。経験からの学習したことの一つ。

 今朝事務所へ来るまでの間、いつもの道のりに体をまかせて、頭の方ではいろいろなことを思い出し、思い返したりしながら、なんというか、安堵というか、“よかった…”、そんな気持ちがわいた。

 独立という人生の選択をしたことが決定的によかった。社会観、人間観、等など、人生初めて孤独感を味わうほど、“そうだったのか…”と愕然としたが、その分、奇跡的といっていいような出会いに恵まれもして、大きな社会学習の一歩をふみ出した。

 もう一つ、独立前史もまたしかり。もし父が早く逝かず、標準的な環境で育っていたら、どんな人物、パーソナリティーになっていただろう。生まれもった性質、資質はたぶん、かなり鼻持ちならないものがある。もし平坦な道を歩いたなら、われながら、なかなかやっかいな大人になった気がする。

 独立前も後も、なかなか大変だったけど、いまもそうだけど、そのおかげである程度のバランスを持てるようになった、たぶん。がむしゃらなに勉強する方ではないが、自分で決めた自分の業の役目を果たせるように学びは続けて、自然にそうして、そうできている、自分なりに。

 とりあえずそこに至っていることに安堵感。

2月28日 『中井久夫集3』より

そもそも「薬があっている感じがしますか」という質問は、患者への関心−気づかい concern を示すという点で精神療法的であり、薬ののみ心地への本人の注目は身体性回復の幸先のよい手始めでありうるし、薬物療法的には処方へのフィードバックであって、しばしば不適合処方、過剰(あるいは過少あるいは原田いうパラドックス反応すなわり薬物起源の不穏状態を起こしやすい)処方に気づく手がかりとなる(患者の服薬感覚はかなり信頼しうるデータであることが多い)。

   前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

読書歴  essaies こころみ  リーズレター  哲樂散歩

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

仕事の履歴  プロジェクト  未完自業史  LEE'Sの歩み

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ



自業のすすめ 哲樂の中庭