LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営トップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める



事務所を開設した1995年以来、仕事や日常の中で感じ考えたことを記録し続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

「読書をする」ことは無形の恵みをもたらしてくれ、自業探究の下支えになっています。


中井久夫集3
 2024/2/19から継続中
モンテーニュ
 2023/10/12-2024/2/13
今日のessais
 2021年3月−継続中
今日のessaisに「孫子
 2023/1/10−4/18
老子」訳注再読
 2023/8/21から第4クール
今日のessaisに「老子
 2022/8/8−12/28
自業のすすめ2020
 2020年7月−11月初
*その他音声の全リストへ



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月)&音声版2020


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】
CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事


寄稿
大阪市男女いきいき財団ニュースvol.402020年6月
「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集

大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール 2016年7月



〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜歩2分、御堂筋線淀屋橋歩8分


(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2024年 (朝型継続、在所は8:00-16:00)
am
pm
5/27
(在)
(在)
5/28
(在)
(在)
5/29
(在)
夕陽ヶ丘
5/30
(在)
(在)
5/31
(在)
(在)

◆LEE'S自業塾シリーズ
俯瞰・ふかん塾リリース
俯瞰塾パーソナル(予約)



2024年

5/27 クレオ大阪南館で6月に「ファシリテーション」のセミナー

5/27 新年度も「女性チャレンジ応援拠点」は週5日開室

5/10 今年度第一回目の「拠点だより5月号アップ

4/16 『仕事の履歴に今年度の「寸録」ページup

4/1 トップページのメッセージを更新、『「先を読む」のために』



「日常を観察する

essais 〈書く〉20245月
essais 〈書く〉2024年4月
essais 〈書く〉2024年3月
essais 〈書く〉2024年2月
essais 〈書く〉2024年1月
  バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)

  ・2024年2月4日立春

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられ」て

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える2024年)

2/19 中井久夫集3
2/13 モンテーニュ

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージについての語り(音声)

- 「先を読む」のために -

 「先を読む」。そのココロは、「夢や目標のために、現在の状況や傾向から、将来起こりうる可能性や問題を推測し、それに対して準備すること」。

 年初から大きなこと、ニュースが続いています。身近な世界では人生の大きな転機、節目に立っている人もいます。

 巨視的で微視的でもあり、大局をとらえながらも微細な変化に気づき、あなたの経営の「先を読む」をアシストする。気持ちを新たに、新年度をはじめます。
 
2024年4月1日  リー・ヤマネ・清実




日常を観察する essais〈話す&書く〉

2024年5月28日(火) 地下鉄車内、朝の光景
2024年5月27日(月) 〈予感〉をとらえてはなさず


2024年5月27日(月) 雨ときどき曇


 昼下がり、雨はやんで少し明るくなってきたけど、晴れることはないはず。予報では明日にかけて雨。気温は25℃前後だけど、午後のいっとき蒸し暑かった。椅子の座面に竹製の敷物出番。ひんやりして気持ちいい。


― 「書くのが苦手で…」 ―


 専門職に共通する業務に報告書づくりがあるのではないか。なかでも人を支える仕事の専門職はクライアントごと、相談実施ごとに、頻繁に書くことになる。

 「書くのが苦手で…」と、最近久しぶりに会った人がそう言うので、書くのは慣れの問題だからと、まずは軽く返した。すると、もっと手前の問題として学力がないのでと、真面目な顔で言うので、誰も同じようなものですよと本心で応えた。

 とにかく書く習慣をつけましょうと勧めた。日常の中で何か気にとまったことの、事象は2割、そこから自分の感じ、考えたことを8割、そんな目安で書く。追って聞くところ、さっそく始めたらしい。

 仕事上の報告書などは、いずれAIが作るようになる。今の段階でも何かテーマを決めて、エッセイ書くように指示すると、客観的なそれなりの文章をAIがつくる。

 これからは主観がものをいうのではないか。自制と自律が重要になるけど、その人だから考えられること、言えることが意味をもってくる。だから自律的に、他者の意見を尊重し、かつ自分の考えをしっかり語る。

 書く習慣を勧めた人には、語るべきものがたくさんある。自分の内にあり、仕事をとおして外の世界についても、ある。今は未だその気はないようだけど、いずれ本にしてまとめたくなるのではないか。書く習慣がすっかりつけば、その可能性はかなり高くなるはず。見守るとしよう。

− 5月28日(音声)の『中井久夫集3』より −

 医師を支えているのは慣れではなく−少しはそれもあるかもしれないが−「代替の効かない当事者である」という意識である。独りで緊急の手術をしなければならなかった時、途中で、今もしメスを放り出して号泣できたらどんなに楽だろうという考えが頭をかすめたのを思い出す。

 この当事者意識が、往診に際して、家族の感情に同調しようとしてその一歩手前で立ち止まるというか、両者の交錯する危うさに立つというか、そいういう位置を医師に対して指定する。

 こういう危うさが医師というものを崇高にも下劣にもみせ、等身大の医師をみえなくさせている一要因である。江戸時代の階級性においては僧侶とともに医師は士農工商の外に置かれた。

  前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2024年3月27日(2020年3月20日以来)にサイト再編集・刷新

LEE'Sの概要  読書歴  音読歴  essaies こころみ  リーズレター 

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

ご案内・相談  仕事の履歴  未完自業史  LEE'Sの歩み

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ



自業のすすめ 哲樂の中庭