LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。


 仕事の合間や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。ちなみに『モンテーニュ』(荒木昭太郎『2000年)の『エセー』に以下の一節を見つけました。「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』



音声「ひと言ひとり言」 2020年9月からの音声トーク『ひと言ひとり言』は自業ストーリー

12/2(水) 12(完) 未完自業史、『レイトワーク』の本章へ

12/1(火) 11b 2015年1月の創業塾にでた4年の学び

11/30(月) 11a 学びに本腰、独学独習の妙味

11/27(金) 10b 最初の10年が次に10年に実る自業

11/25(水) 10a 時代の流れ、個々人の自分の流れ

バックナンバー



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月)は〈自分ならでは〉の仕事と人生を問い続けて歩むあなたへのエール


音声版2020年11月10日up

音声「自業のすすめ」

 プロローグ 2020/7/7

 エピローグ 2020/11/9


哲樂の中庭』(2001年7月)は、ある意味〈自業じぎょう〉史の序章、事務所開設から3年の混沌と学びをまとめた第一弾の冊子

哲樂の中庭



寄稿

2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来



2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール


(2021年2月3日立春より)
〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅歩2分、御堂筋線淀屋橋駅歩8分

外出の予定2021年 (「宣言」期間中、在所は8:00-16:00)

am
pm
5/3
5/4
5/5
5/6
(在)
(在)
5/7
(在)
(在)


2021年

5/5 「拠点ゼミ(オンライン)5月29日(土)に開催、詳しくは「女性チャレンジ応援拠点

4/26 女性チャレンジ応援拠点の対面開室は休止

4/16 読書をするページを更新しました

4/2 「未完自業史」の「LEE'Sの歩み」を更新し、その他のページも部分的に更新しました

4/1 このページに掲載しているメッセージを更新しました




「日常を観察する

essais 〈書く〉2021年5月
essais 〈書く〉2021年4月
essais 〈書く〉2021年3月
essais こころみ2021年2月
essais こころみ2021年1月
essais特別2020年冬至
essais こころみ 2020年12月
essais こころみ 2020年11月
essais こころみ 2020年10月
essais こころみ 2020年9月
essais こころみ 2020年8月
essais こころみ 2020年7月
essais こころみ 2020年6月
essais こころみ 2020年5月
essais こころみ 2020年4月
essais こころみ 2020年3月
essais こころみ 2020年2月
essais こころみ 2020年1月
 バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)

2021年2月3日立春のトップ記事は『春が立つ、陽気をまとい…』

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられて

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える哲樂散歩

3/27
2021年桜
1/1
2021年初日ノ出
12/26 「冬至」、蝋梅
11/10
M×A×O展示
10/4
JR道場貸農園
8/6
ハンドパン演奏
7/7
熊谷守一展
3/28
大阪城の桜
1/2
2020年幕開散歩

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージ音声付

- あなたに舞いおりて -

 「コロナ」2年目、世界的歴史的事態の真っ只中にいるこの現実が、若い頃に読んだ歴史物語の登場人物にわたし自身がなっている、そんな感覚をおぼえます。

 個人ではどうにもできないこと、己だからできること。『わたしはどこから来たのか わたしは何者か わたしはどこへ行くのか』。そう問いなおすあなたに舞いおりて、あなた自身で答を出すおてつだいをする。

 2年前に評していただいた「例えれば、メアリー・ポピンズ」を支えに、なおいっそうLYK流「パーソナル・アシスタント」につとめてまいります。
 
2021年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2021年5月6日(木) 仕事の合間に

2021年5月5日(水) じっくり見なおせば

2021年5月6日(木) 晴れ


 昨日はずっと雨、今朝は晴天。空気が澄み空は青々、街路樹も緑々。今日こそ散歩日和。季節は立夏。

− 自ら語る、他者が物語る−

 連休中の新聞を今朝まとめて読んだのですが、その中で目にとまった一つの広告、「私の履歴書」の講座開講の案内です。日経朝刊の最終ページに掲載されているコーナーの商品化。

 6年前の創業塾でのこと。受講者のお一人が「自分史アドバイザーをとる予定です」。そんな資格まで登場しているのかと感心したものですが、高齢化社会、自分史の潜在的需要はありそうです。

 自分で書くのは不得手、あるいは、支障がある場合、代わりに書くライターさんも増えているようです。実際、テスト的にライターさんに頼んで人の話しを聞いたことがあります。

 小さな商店をしていたお父さんの自分史を、お嬢さんがライターさんに依頼。何度かインタビューをしてテスト編が送られてきて、読んだお嬢さん、これは違う…、と感じたそう。

 全体的に文章はよくまとまっているし、言葉がうまく流れているけど、自分の父親のことじゃないように感じたそうです。テスト編だけにして、それっきりになったとか。

 ライターさんの職人気質でしょう、それなりに〈読める〉ものに仕立てたかった、いや、自然にそうなったのかもしれません。人の人生に立ち入らず、でも、たしかに物語る。「プロ」とはいえ、難しいこと。

 自分の物語は自分で綴るのが自分のためにもベスト。俯瞰すると、また見えてくるものがあるものです。でもそうできない人は身近な人が綴ると、その人のためにもまた良さそう。

 ちなみにわたしは昨夜ふと、わたしがきょうだいの物語を綴ろうかと思い立ったのでした。だから今朝の広告に目がとまったのかもしれません。
 
前回のessais〈書く〉へ

 季節の風景

−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

LEE'Sの歩み 仕事の履歴 読書歴 プロジェクト

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

essaies こころみ リーズレター 哲樂散歩

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ


自業のすすめ 哲樂の中庭