LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

*音声によるご案内2021/8/10

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める



 仕事や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

 「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。



今日のessais
 2021年3月から発信
手紙の妙味
 2021年7月31日
自業のすすめ2020
 2020年7月から11月初
ひと言ひとり言Vol.2
 2020年9月から12月初
ひと言ひとり言Vol.1
 2020年4月から8月末

 *音声の全てはリストへ



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月

&音声版20202020年11月


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】 男女共同参画情報誌「CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事



寄稿
2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来

2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール




〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅歩2分、御堂筋線淀屋橋駅歩8分

(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2022年 (当面、朝型にシフトし在所は8:00-16:00)

am
pm
5/23
(在)
天満橋
5/24
(在)
(在)
5/25
(在)
夕陽ヶ丘
5/26
夕陽ヶ丘
(在)
5/27
(在)
(在)


2022年

5/16 「女性チャレンジ応援拠点」週5日開室、なかなか希少な〈話せる〉場で、居合わせた人どうしのコミュニケーションもまた魅力

4/1 トップページのメッセージを更新し、essais〈話す〉でも関連して語りました


4/29 「女性チャレンジ人材バンク」がクレオ大阪東館に設置され、「プロ講師なろう塾」修了者などのこれから世に出ようとする女性たちを紹介予定




「日常を観察する

essais 〈書く〉2022年5月
essais 〈書く〉2022年4月
essais 〈書く〉2022年3月
essais 〈書く〉2022年2月
essais 〈書く〉2022年1月
essais 〈書く〉2021年12月
essais 〈書く〉2021年11月
essais 〈書く〉2021年10月
essais 〈書く〉2021年9月
essais 〈書く〉2021年8月
essais 〈書く〉2021年7月
essais 〈書く〉2021年6月
essais 〈書く〉2021年5月
essais 〈書く〉2021年4月
essais 〈書く〉2021年3月
 バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)New

  ・2022年2月4日立春

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられ」て

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える 2022年)

4/4 京都府立植物園
2/15
高松塚古墳展

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージについての語り(音声)

- あなた自身のマネジメントに -

 未来の歴史は現在をどう解いているでしょうか。2020年の「コロナ」から3年目、まさか再び世界的歴史的事態に遭遇しようとは。それも人間が起したこと、だから一気に終わらせることもできるはず。いまか今かと世界が待っています。

 ひょっとすると未来の歴史が特筆するほどの現在を生きているのかもしれません。そうであっても、なくても、(ものごとの本質を瞬間に見抜く)直観をやしない、自分のやるべきことを、タイミングを外さずやっていく、それが大事!、と思いなおしています。

 あなた自身のよりよいマネジメントに一役果たす「パーソナル・アシスタント」であるよう、これからも変らず努めてまいります。
 
2022年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2022年5月24日(火) 自分を守る

2022年5月23日(月) 「怒りを表すって…」


2022年5月23日(月) 晴れ


 昨夜まさかの雷、雨。今日は気温も上がるので、むし暑くなるはず。アジサイも咲き出した。梅雨入りは来月上旬の予想。

 − 流していいこと駄目なこと −

 わかったつもりが、まだまだわかっていなかったとわかる。何度となく経験していることですが、ふたたびその思いにかられています。「しがらみ」や「世間」というものがまとわりつき、自分でも意識しないほど、とらわれているのが日本人の多く。そう教えてもらい、ある程度想像はできているつもりですが、そうでないかもしれない。あらためて考えさせられています。

 大抵のことは受け流しても、人間の尊厳やその人の精神性を冒すようなことはけっして見逃していけない。「絵がヘタ」と言われても、皆でランチへ行くのに一人誘われなくても、そんなことは大したことじゃない。でも例えば、上下関係を利用して、理不尽な行為をとったり、人の弱みにつけこんで自分に従わせようとする相手を許してはいけない。

 実例1.総務に所属する20代前半の女性。社員の何人かが定期購読する専門誌の代金徴収を任されていた。ある日代金を受け取りに先輩男性社員の席へいき、促すと、返事がない。もう一度声をかけても知らん顔。三度目で女性の方を振り向いた男性、うるさいなぁ!という表情をして、財布ととりだし、なんと代金を女性の前に投げた。

 お金を投げる?! 女性には考えられない行為。さて彼女はどうしたか。散らばった目の前のお金をみて、先輩社員を一瞥して、踵を返し、自分の部署に下りていきました。まったく何も言わず。何も言わないことが、言っているのです、よくぞ、そんな品のないことができるな、と。

 しばらくすると同僚が代わりにお金を持ってきて、本人を弁護。女性は多くは語らず、ただ尊敬できる先輩でないと思っただけで、ごくごく普通に仕事でのやりとりはしたのでした。先輩男性社員の方はということ、もう懲りた、という感じだったそう。

 実例2.入社して会社にも慣れた女子、ある日部屋には上司と二人。30才は年上のその男性上司、どうして知ったのは、女子があまり人に知られたくないことを知っていて、そのことを話し出し、こともあろうか、「みんなに言おうかな…」。

 うんと年上の大人が、まだ若い女子を脅すような行為。あるまじきこの言動に、女子が咄嗟に放った言葉、「いいでしょ、うけて起ちましょ」。そう言って、相手の顔を凝視。上司はギョッとしたそうです。少し間があって、上司は冗談、じょうだん、という風にうにゃむにゅにした。女子も尾をひかず、普通にしたそうですが、上司にすれば、それがむしろコワかったかもしれません。

 人間にある善悪。ダメなものはダメとハッキリ表すことが自分や自分の回りを守ることだし、「人生の質」の面からも大事なこと。でもなかなかできないといいます。なら、演劇の手法で体に覚えていくことも一つ。ともあれ自分に合った方法をつけて、けっして流してはいけないことは流さず、心身を健やかに育てていきたいものです。

前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

読書歴  essaies こころみ  リーズレター  哲樂散歩

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

仕事の履歴  プロジェクト  未完自業史  LEE'Sの歩み

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ


自業のすすめ 哲樂の中庭