LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

*音声によるご案内2021/8/10

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める



 仕事や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

 「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。



今日のessais
 2021年3月から発信
手紙の妙味
 2021年7月31日
自業のすすめ2020
 2020年7月から11月初
ひと言ひとり言Vol.2
 2020年9月から12月初
ひと言ひとり言Vol.1
 2020年4月から8月末

 *音声の全てはリストへ



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月

&音声版20202020年11月


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】 男女共同参画情報誌「CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事



寄稿
2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来

2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール




〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅歩2分、御堂筋線淀屋橋駅歩8分

(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2022年 (当面、朝型にシフトし在所は8:00-16:00)

am
pm
9/26
(在)
(在)
9/27
(在)
(在)
9/28
(在)
夕陽ヶ丘
9/29
(在)
中之島
9/30
(在)
(在)

■自業塾シリーズ2022
俯瞰・ふかん塾リリース
俯瞰塾パーソナル(予約)



2022年

9/21 女性チャレンジ応援拠点ミニサロン10月12日予定

9/7 「読書をする」に『ジュエルっ子物語』を含め3冊をアップし、コメントを更新しました

9/5 仕事の履歴」の2022年度寸録を更新しました



「日常を観察する

essais 〈書く〉2022年9月
essais 〈書く〉2022年8月
essais 〈書く〉2022年7月
essais 〈書く〉2022年6月
essais 〈書く〉2022年5月
essais 〈書く〉2022年4月
essais 〈書く〉2022年3月
essais 〈書く〉2022年2月
essais 〈書く〉2022年1月
 バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)最新号

  ・2022年6月21日夏至

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられ」て

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える 2022年)

9/16 ドラゴン映画祭
6/23 京都府立植物園
6/18 『「2秒の視線」展』
4/4 京都府立植物園
2/15
高松塚古墳展

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージについての語り(音声)

- あなた自身のマネジメントに -

 未来の歴史は現在をどう解いているでしょうか。2020年の「コロナ」から3年目、まさか再び世界的歴史的事態に遭遇しようとは。それも人間が起したこと、だから一気に終わらせることもできるはず。いまか今かと世界が待っています。

 ひょっとすると未来の歴史が特筆するほどの現在を生きているのかもしれません。そうであっても、なくても、(ものごとの本質を瞬間に見抜く)直観をやしない、自分のやるべきことを、タイミングを外さずやっていく、それが大事!、と思いなおしています。

 あなた自身のよりよいマネジメントに一役果たす「パーソナル・アシスタント」であるよう、これからも変らず努めてまいります。
 
2022年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2022年9月30日(金) 33「人を知る者は…」
2022年9月29日(木) 32「道は恒に名無し…」
2022年9月28日(水) 31「夫れ兵は」
2022年9月27日(火) 30「道を以て人主を佐け」
2022年9月26日(月) 29「将に天下を取らんと…」

2022年9月28日(水) 曇り


 なかなか夏服をしまえない。週末土曜は10月に入るけど、まだ夏日があるとのこと。はやく秋服を着たい

 − つながり、バランス −

 ご招待してもらって声優朗読劇というのに初めて出かけました。声優さんは今かなり人気の仕事だそうで、客席には若い女性たちもたくさん。出演者は4人、特に女性を担当した若い男性の声優さんがすごかった。女性を4役ほど、各役の声色に彩があり、発話の小気味よさに感服。

 発声は全身運動といいます。演劇の人たちの練習はまず身体の動きから入るそうで、それにけっこう時間をかけるとか。劇団をやめてフリーになった俳優さんが、「あの練習がいま効いている」」と話しているのを聞いたことがあります。身体はすべてつながっている、やはり小宇宙ですね。

 『中井久夫集3 世界における索引と徴候』の「微視的群れ論」には、足の裏と顎のことが書かれていました。この箇所を読むだけでも、どの専門職にとってもためになる、汎用性のある知識が得られると思いますが、バランスの大事さを再認識します。左右の偏りなく歩く、噛む、そういったことが左右の脳をバランスよく活性する。

 「体のゆがみは、その人の生き方、ものの考え方、身体イメージに影響を与えるかもしれない」

 「動体保存。いつでも動けるように保存すること。いつでもどういう対応もできるように、体のイメージができている状態。それは身体そのものではなくて、もう一つの頭の中にある体みたいなもの、そういうものの重要さというのは、いろんなところに顔を出していると思う」

 中井先生の私論&試論が展開される著述には敬服するばかりですが、とにかく、人間個人の身体も、個があつまる社会も、問題または成果は何か一つの為せるものではなく、普段は意識しない、微妙なモノ、コト、そしてヒトが、細かくつながってのことだと再認識するのです。

 だから何ごともそう簡単にわかるものでないとわかっておくことが大事なんだと思いますね。
前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

読書歴  essaies こころみ  リーズレター  哲樂散歩

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

仕事の履歴  プロジェクト  未完自業史  LEE'Sの歩み

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ


自業のすすめ 哲樂の中庭