LEE'Sは、リー・ヤマネ・清実の個人事務所です。1991年経営者などトップの経営企画業務を外部から適時アシストする業を“パーソナル・アシスタント”と名づけ、独自なスタイルとスタンスを探究しながら現在に至っています。中小企業診断士1996年登録。

LYKのコンサルティング

*音声によるご案内2021/8/10

経営略系コンサルティング−経営と人生の道すじを計る

自業コンサルティング−自分ならではの仕事と生き方を自身で見出す、見定める



 仕事や日常の中で感じ考えたことを記録しています。事務所を開設した1995年以来続けています。

 『ひとりひとりの人間は、もし自分をこまかく観察する能力を持っているならば、自分自身にとってひじょうによい教育材料になる』(『モンテーニュ』荒木昭太郎 2000年)

 「読書をする」ことで先達からの励ましと生きる糧をもらっています。



今日のessais
 2021年3月から発信
手紙の妙味
 2021年7月31日
自業のすすめ2020
 2020年7月から11月初
ひと言ひとり言Vol.2
 2020年9月から12月初
ひと言ひとり言Vol.1
 2020年4月から8月末

 *音声の全てはリストへ



LEE'Sブックレット

自業のすすめ』(2016年4月

&音声版20202020年11月


哲樂の中庭2001年7月哲樂の中庭


【インタビュー記事】 男女共同参画情報誌「CREO2021年7月-10月号に「女性チャレンジ応援拠点のインタビュー記事



寄稿
2020年6月 大阪市男女いきいき財団ニュースvol.40「未来を創る10の視点 withコロナどう生きる?」特集、『“共習”と“独習”の学び往来

2016年7月 大阪YWCA100周年応援メッセージ、2045年までを俯瞰してエール




〒541-0046 大阪市中央区平野町1-7-1 堺筋高橋ビル5F大阪NPOセンターRS・B507号
info@leeslee.com


アクセス 地下鉄堺筋線北浜駅歩2分、御堂筋線淀屋橋駅歩8分

(2021年6月11日)
映画「メリー・ポピンズ」のポスターのプレゼント、これからのお守りに

外出の予定2022年 (当面、朝型にシフトし在所は8:00-16:00)

am
pm
6/27
(在)
(在)
6/28
(在)
天満橋
6/29
(在)
夕陽ヶ丘
6/30
(在)
(在)
7/1
(在)
(在)


2022年

6/27 「プロ講師になろうapproach2022」(クレオ大阪東館主催)が7月16日(土)からスタート、受講者募集中

6/27 「女性チャレンジ応援拠点」でミニサロン開催中次回は7月6日(水)「話してスッキリ!親力up-with学校・先生編」

6/21 リーズレター『哲樂の中庭」2022年6月夏至をアップしました

6/18 クレオ大阪で男女共同参画テーマのコラボセミナー企画の募集スタート




「日常を観察する

essais 〈書く〉2022年7月
essais 〈書く〉2022年6月
essais 〈書く〉2022年5月
essais 〈書く〉2022年4月
essais 〈書く〉2022年3月
essais 〈書く〉2022年2月
essais 〈書く〉2022年1月
essais 〈書く〉2021年12月
essais 〈書く〉2021年11月
essais 〈書く〉2021年10月
essais 〈書く〉2021年9月
essais 〈書く〉2021年8月
essais 〈書く〉2021年7月
essais 〈書く〉2021年6月
essais 〈書く〉2021年5月
essais 〈書く〉2021年4月
essais 〈書く〉2021年3月
 バックナンバー


自問自答を続ける(LEE'Sレター哲樂の中庭)New

  ・2022年6月21日夏至

 

 バックナンバー

臨時リーズレター2019年4月「新しい時代の始まりに」
 新元号の発表にふれ、LEE'Sの過去・現在・未来をとりまとめ、トップの記事はメアリー・ポピンズにたとえられ」て

  



考える時間をつくる(観る、歩く、考える 2022年)

6/23 京都府立植物園
6/18 『「2秒の視線」展』
4/4 京都府立植物園
2/15
高松塚古墳展

 バックナンバー

LEE'S リーズ


当年のメッセージについての語り(音声)

- あなた自身のマネジメントに -

 未来の歴史は現在をどう解いているでしょうか。2020年の「コロナ」から3年目、まさか再び世界的歴史的事態に遭遇しようとは。それも人間が起したこと、だから一気に終わらせることもできるはず。いまか今かと世界が待っています。

 ひょっとすると未来の歴史が特筆するほどの現在を生きているのかもしれません。そうであっても、なくても、(ものごとの本質を瞬間に見抜く)直観をやしない、自分のやるべきことを、タイミングを外さずやっていく、それが大事!、と思いなおしています。

 あなた自身のよりよいマネジメントに一役果たす「パーソナル・アシスタント」であるよう、これからも変らず努めてまいります。
 
2022年4月1日  リー・ヤマネ・清実



日常を観察する essais〈話す&書く〉

2022年7月1日(金) 結果にみる経過

2022年6月30日(木) 人の媒介、人が媒体

2022年6月29日(水) 時間はかかる、かける

2022年6月28日(火) 6月の『私の履歴書』

2022年6月27日(月) ちょっとひと息


2022年7月1日(金) 晴


 梅雨明けから連日の晴天、今日がピークらしい。各地で40℃に届きそうな気温、来週は「戻り梅雨」とかで、少しは暑さもやわらぐ予報。それにしても、7月初めで「戻り梅雨」とは…。

 − すてたものじゃない −

 人の問題というのはいつも悩ましいものです。組織のトップやチームリーダーの立場にある人はまず内部の人材のことで頭を抱えています。大企業のようにシステム化されて、所定の評価基準で割り切っていければいいですが、中小、小企業ではそうはいきません。

 〈下で働く〉人も色々とストレスがあるもの、でも時には〈上の人〉の方が神経を使って、あれやこれや、問題解決のための方策に時間とおカネと労力をかけている。組織全体のパフォーマンスのためだから当然といえば当然かもしれませんが、その範囲を超えてやっている人もいます。

 小さくても組織にはさまざまな背景をもった人が集って働いている。中には個人的に問題を抱えた人もいる。会社のことだけ考えれば、〈切る〉選択が妥当なケースもあります。それでも、そうはしない、できない。だからこそ、また悩ましい。

 誰かが自分のことを心配して何とかしようと動く。組織の中でも、外でも、そういう人がいるということはあまり想像しない、できない。でも案外いるもの、〈厚意的暗躍〉する人は。だから世の中すてたものじゃない。

前回のessais〈書く〉へ



−Personal Assistant for You LEE'S−
 *2020年3月20日にサイト全体を再編集し、メニュー構成を刷新

LEE'Sの概要 Style−仕事の原点 Study−仕事の役目

読書歴  essaies こころみ  リーズレター  哲樂散歩

「経営略系コンサルティング」  「自業コンサルティング」

仕事の履歴  プロジェクト  未完自業史  LEE'Sの歩み

booklet「自業のすすめ」 booklet「哲樂の中庭

お問い合わせ


自業のすすめ 哲樂の中庭